TIPS


カミアカリを綺麗に作りたい。

上達者の技:

折り目をしっかりとギュウギュウ折ると、組み立てる時が楽になる。
折り目が浅くて適当に折るだけなら、組み立てる時に糊代が跳ね返すので邪魔になる。

初心者は糊代を外に出したまま固定するほうがやりやすい。

上級者は糊代を中に入れて隠すように固定して、そうしたほうがきりっとした12面体が作れる。

オリジナルの切り紙柄のカミアカリを作るとき、紙皿を多めに用意して、デザインを直接描こう。

デザインを描いた紙皿をカッターで丁寧に線を切り取って、型紙にする。

紙皿は厚さがあるから、型紙にしたら、同じ柄が50枚以上かける。(雑な扱いしないことが前提に)


カミアカリを飾りたい。

安全第一:

カミアカリは紙でできた明かりです、当然のことに火に弱いです、うっかり燃やさないように注意しましょう。

電球を入れる時、温度が低いLED電球を使用してください。

白熱電球25w 40w 60w 80w 100wはどれも高熱が出るので、長時間紙に当てると、紙が焦げます。
火事を起こす危険があるので、どうしても白熱電球が使いたいときは、電球とカミアカリの距離に気を付けましょう。
電球はなるべくカミアカリの真ん中に来るように、電源ケーブルの位置を調節しましょう。

電球を入れずにインテリアとして飾るのもいい感じと思います。